ペットフード安全法って?AAFCOの栄養基準、ペットフード公正取引協議会、一般社団法人ペットフード協会とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

はなです。

 

ドッグフードをはじめとするペットフードを規制する決まりは日本でも存在しています。

 

ヨーロッパなどのペット先進国に比べれば甘いと呼ばれる規制ですが、

 

今回は、

 

ドッグフードを規制するペットフード安全法やそれに関わる団体について

 

調べてみました。

 

 

○ペットフード安全法とは

 

現在、日本はヨーロッパに比べるとドッグフードの規制が甘いといわれています。

 

ただ、日本でもドッグフードを規制する法律がないわけではありません。

 

それは、ペットフード安全法と呼ばれる法律で、

 

正式には愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律という法律です。

 

ペットフード安全法が設立されるに至ったきっかけは、

 

平成19年(2007年)3月にアメリカで有害物質であるメラミンの混入が発覚したことです。

 

この混入事件によっては数多くの犬が犠牲となり、

 

日本にも輸入されたことが判明しました。

 

そこで、同年8月に農水省と環境省が合同で

 

「ペットフードの安全確保に関する研究会」を設置し、

 

動物愛護の観点からペットフードの安全確保に緊急に取り組むべきであり、

 

法規制の導入が必要であるとの方向性が示されました。

 

翌年の3月の国会に法案が提出され、6月に成立し、公布されました。

 

ペットフード安全法は、

 

ドッグフードをはじめとする

 

ペットフードの製造や販売に関する基準や規格が定められています。

 

ペットフードの製造業者及び輸入業者は、

 

名称や所在地等の事業に関する情報を、

 

事前に主たる事務所の所在地の都道府県にある地方農政局又は地域センターに

 

届け出る事などが決定されました。

 

この法律には、

 

愛犬家によって悪の権化のようになった人工添加物の使用料が決まっていて、

 

この範囲内であれば健康被害は及ぼさないとされています。

 

ただ、愛犬家としては人に使用が禁止されているものが

 

愛犬には使用できるというのは納得はできないところではあります。

 

いくら犬が雑食だからといって、

 

粗悪な原料や添加物は、人間よりも小さな体にいいはずがありません。

 

ペット先進国の一つであるドイツには、

 

先ほどのメラニン混入事件をきっかけに、

 

人間が食べられる(ヒューマングレード)の食材を使用することや、

 

遺伝子組み換えのものを禁止しました。

 

わんちゃんの権利もしっかり守られています。

 

こういった諸外国と比べると、

 

やはり日本の法律は甘いと感じてしまいます・・・

 

大切なペットは、家族の一員ですからね。

○アメリカでの規制基準、AAFCO

 

ペットフード安全法を作るきっかけとなったアメリカですが、

 

実際にはアメリカは日本よりも厳しい規制を取っています。

 

アメリカの規制で最も有名なのがAAFCO(全米飼料検査官協会)です。

 

AAFCOはAssociation of American Feed Control Officialの頭文字を取ったもので、

 

全米飼料検査官協会がペットフードの栄養基準、

 

ラベル表示などに関するガイドラインを設定しています。

 

日本ではアフコやアーフコと呼ばれていますね。

 

注意が必要なのが、

 

AAFCOはあくまでも基準を決めている機関であり、

 

検査や認定、承認作業は行ってはいないというところ。

 

例えば、ドッグフードの袋にAAFCOと記載されていても、

 

AAFCOの基準を満たしているというわけではなく、

 

最低限でもこの基準を守ってほしいというメーカーに対する指針なのです。

 

AAFCO!と見ると、

 

よく知らなくても、いかにも安全そう、すごそうに見えてしまいますよね・・・

 

また、日本のペットフード公正取引協議会の規約でも、AAFCOの栄養基準を採用しています。

 

でもその実態はといえば、

 

AAFCOの栄養基準は、

 

原材料の品質に対する基準ではなくて、

 

たんぱく質や脂肪などの成分基準なんです。

 

だから、一定以上の栄養基準を満たしていれば、

 

粗悪な原料に人口の栄養剤が振りかけられて作られたドッグフードだとしても、

 

『AAFCOの基準を満たしています!』といえてしまうのです・・・

 

つまり、AAFCOの基準を満たしていたとしても、

 

必ずしも高品質のドッグフードとは言えないのです。

 

海外産だからいい、とかこんな表記があるからいいもの、

 

となんとなく決めてしまうのではなくて、

 

ドッグフードにどんな原材料が使われているか、

 

中身を吟味することが大切なんですね。

 

ドッグフードは国産がいい?それとも外国産?徹底的に比較してみた。

 

 

○ペットフード公正取引協議会とは

 

ペットフード公正取引協議会は、

 

昭和49年(1974年)に設立され、

 

「ペットフードの表示に関する公正競争規約」及び

 

「ペットフード業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約」を

 

円滑かつ適正に運営することを目的とした協議会です。

 

文字だけでみても、

 

なんじゃそりゃ?と思いますよね。笑

 

ペットフード公正取引協議会は、

 

公正な競争の確保と消費者保護のため、

 

景品類の提供又は表示に関する事柄について独自のルールを決めていて、

 

公正取引委員会によって認定を受けています。

 

ですが、これは任意団体。

 

存在するルールは、加盟している団体にだけ適応されるものです。

 

加盟している会社は、大手や古くから営業している会社。

 

総合栄養食、という記載もここからくるものです。

 

AAFCOの基準を満たした総合栄養食!と書いてあっても、

 

先ほど記載した通り、原料は問われません。

 

ペットショップに行って片っ端からドッグフードの原材料欄をみまくったわたしからすれば、

 

「ペットフード公正取引委員会」に所属していて、

 

「AAFCO」の基準を満たして作られた「総合栄養食」のフードと書かれていても、

 

必ずしも良いものであるとは思えません。

○ペットフード協会

 

日本にはペットフード公正取引協議会とは別に、

 

ペットフードに関する団体として、

 

もう一つ、一般社団法人であるペットフード協会があります。

 

もともとはペット工業会という任意団体でしたが、

 

平成21年(2009年)の4月1日に現在のペットフード協会に代わりました。

 

国内でペットフードを製造または販売する企業94社で構成され、

 

ペットフード市場の90%以上が構成されているメーカーでカバーされています。

 

なんと、ペットフード協会とペットフード公正取引協議会の会員を見比べて見ると、

 

ほぼ同じだったのです・・・!

 

別の名前で存在していますが、

 

なんとなく大人の事情が漂っています・・・

 

 

 

 

 

 

○愛犬家の皆さんへ

ちゃんと知識を持って、わんちゃんのためにドッグフードを選んでほしい。

 

AAFCOの基準を満たす!

 

とか

 

ペットフード公正取引委員会・ペットフード協会所属!

 

と謳っていて、

 

なんとなくすごそうに見えても、

 

一つの基準にすぎません。

 

それに惑わされずに愛犬のためにドッグフードを選んでほしいです。

 

 

 

【完全版】ドッグフードの選び方:4つの確認必須の項目、これ知っとけばOK!

 

 

今日はここまでです。

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。